(function() { var ga = document.createElement('script'); ga.type = 'text/javascript'; ga.async = true; ga.src = ('https:' == document.location.protocol ? 'https://ssl' : 'http://www') + '.google-analytics.com/ga.js'; var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s); })();

ホメオパシーは

今から200年前に、ドイツ人医師サミュエル・ハーネマンによって確立されたドイツ生まれの自然療法です。ナチュラルで体と心だけでなく、魂にまで働きかけることができる-優しい療法-として知られています。

薬のように副作用がない


赤ちゃんや妊婦さん、お年寄り、そしてペットや植物にまで幅広く使用できるというのも特徴のひとつです。急な事故や怪我、慢性急性問わず様々な体や心の問題対応できます。 赤ちゃんとレメディー

同種療法で原因そのもの取り除く

ホメオパシーの「ホメオ」は「似たもの」、「パシー」は「病気」という意味で、「同種療法」「類似療法」と訳されます。西洋医学のように薬の力で症状を「抑える」のではなく、身体の治癒力を利用して「原因そのものを “身体の力を使って” 押し出す」ことに重点を置いた療法です。
熱を例にとってみると、ホメオパシーでは熱には熱のレメディー(ベラドンナ)を与え、身体が熱を出し切るお手伝いをします。そうしないと、抑えられた原因は違う形で別の症状として現れたり、熱を出し切らず微熱がダラダラ続くことになってしまいます。これでは病気が治ったとは言えません。

日本にも昔からある同種療法


風邪を引いて喉が痛い時に生姜湯を飲んだことはありませんか?喉に何の異常もないときに飲むと喉がヒリヒリしますが、喉がヒリヒリする時に飲んだら反対に痛みが和らぎます。
同様に鼻水くしゃみひどい時にはネギを首に巻きます。これはネギがもつ涙や鼻水を誘発する働きを利用した同種療法です。
しょうが
私たち日本人も昔から先述のような同種療法を経験で知っていてそれが民間療法という形で現代まで伝えられてきたのでしょう。

世界中で時代を超えて愛されるホメオパシー

ホメオパシーは世界でも一般の方はもとより、多くの著名人も生活の中に取り入れている自然療法です。それは歴史的人物から現代の著名人まで時代を問いません。
以下、一部をご紹介。


(歴史的人物 例)
クロードモネ、ルノワール、ゴッホ、ガウディ、ベートーベン、ショパン、ダーウィン、ゲーテ、ドフトエフスキー、マザーテレサ、マハトマガンジー、エイブラハムリンカーン 他多数
(現代 例)
デイビットベッカム、ポールマッカートニー、ジョージハリソン、エリザベステイラー、キャサリンゼタ=ジョーンズ、サリンジャー 他多数。

日本ではあまり馴染みがありませんが、明治時代には既に「ホメオパチー」として入ってきており、戦前の自然療法の本には「砂糖玉が梅毒を治す不思議」として紹介されています。
また、現在でも主要な国語辞典には「ホメオパシー(またはホメオパチー)19世紀後半、ドイツのハーネマンが提唱した治療法」として記載があります。

更に詳しく知りたい方は、以下の書籍をおすすめしています。
『ホメオパシーってなあに?』
(amazonにリンクしています。)

お問い合わせ・ご予約

電話番号 FAX email

営業時間

10:00~18:00
相談会時間枠はこちら

所在地

所在地MAP


ページのトップへ